top of page
  • 執筆者の写真Kumiko Wakanabe

ひとさし指のノクターン

8月11日、杉並公会堂小ホールにて「ひとさし指のノクターン」の第3回コンサートでした。



こちらの音楽サークルのメンバーとの出会いは、彼らが特別支援学校の高等部だった頃に遡ります。

詳しくは是非リンクのウェブサイトを見て頂きたいです!

ひとりひとりのやりたい事への情熱に私はいつも励まされるのです。



第1回から関わらせて頂いているコンサートも回を重ねるごとにパワーアップして、

今回は「だれでもピアノ」という芸大とYAMAHAが共同開発した“自動追従伴奏ピアノ"との共演!

テクノロジーが広げてくれる音楽の世界に、メンバーも私たちも観客の皆さんも感激していました。

そんな技術が開発される中で、生演奏で寄り添うってなんだ??

とふとマリンバ を弾きながら、譜面台越しに見えるメンバーの真剣な眼差しを見ながら本番中考えていました。

まだ響きが残っているから待とうかな

ちょっと背中を押そうかな

おぉぉいい感じに前に進んでるから一緒にいくよー!

次のフレーズに入りやすいようにきっかけをつくろうかな〜

全身全霊弾き終わった表情のメンバーと目が合ってお客さんに一礼する

お互いにアンテナを張り巡らせて音楽をつくる喜びがたくさんありました。



最近娘と一緒に毎日のようにトイストーリーを見ているので、多分きっと「だれでもピアノ」君もこうやって感じながら昨日の大仕事をやり遂げたんじゃないか?と妄想してしまうのです。



そして今回は私の個人的なリクエストで、私の相棒ゲンちゃんこと石野元輝君にもジャンベで加わってもらいました!

あたたかく迎え入れてくださった「ひとさし指のノクターン」の皆様ありがとうございました!

ゲンちゃんは特別支援学校の高等部1年生で、ドラムを一緒に練習しているスーパーポジティブボーイ👍


そしてそして、今回ピンチヒッターとして急遽出演してくださった平野有希子さん!!

本当にありがとうございました。

もう長い事たくさん一緒に演奏させてもらっていましたが、2人で演奏するのは初めて!

新鮮でとても嬉しかったです。





本当に素敵な時間をご一緒させて頂きました。

ありがとうございました!!!

Comments


bottom of page