top of page
  • 執筆者の写真Kumiko Wakanabe

場をつくること

今月は保育、学校、学校外の地域での子どもたちのサークル活動、福祉など様々な現場で、そして様々な背景の方々と音楽で触れ合うことができました。

音楽とは何だろう?

自分と社会との接点は何だろう?

自分の大切にしたいものを今一度考える、なかなか強烈な出会いが多くありました。



鼓舞するだけではない、響きや間の美しさ

そういう音楽にとても惹かれます。

そして自分にとって楽器は勇気をくれる存在だなぁ、とも再認識。



今年は第二子も生まれ、日々の暮らしでも仕事においても学びの多い一年でした。

子供が生まれてから、自分は社会の一部で、隣のあの人も遠くのあの人もみんな社会の一部なんだ、とより強く感じるようになりました。

多様なヒト・モノでごった返したおもしろさと難しさを、みんなで楽しみたい。

そんな柔らかなあたたかい場づくりがしたい。

それには私はまだまだ力不足で、試行錯誤、学びの日々を続けたい!

音楽にできる事はたくさんあるな、と思います。

0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page