top of page
  • 執筆者の写真Kumiko Wakanabe

父のドラム

父が高校生の頃に買ったドラムを私が引き継いで、今も現役で使っています。

50年前の楽器で、元々はPearlの旧ロゴのバスドラヘッドが張ってありました。

↓ロゴかわいい〜


バスドラは実家でお留守番しておりますが…




そのドラムのタム(12インチ・13インチ)、フロアタム(16インチ)を使って組んだ小口径セットが気に入っています。

とても軽やかで、かわいい見た目と音。

そして渋みもある。。。



Pearlのジャングルギグを使用してフロアタムをバスドラム化しています。

JUNGLE GIG JG-16 & OPT-1516 の組み合わせ。相当優れもの!!

この楽器の音も好きだけど、とにかく運搬が楽!ココかなり重要!

やっぱり楽器はたくさん持ち出してなんぼだと思うので、機動性は大事です。

打面ヘッドは色々悩んでEVANS TT16EMADにしています。

ミュートが効いて結構バスドラっぽくなります。


タムの13インチの方は数日前に思い立ってフロアタム化してみました。

TAMAのフープ・グリップHoop Grip MC8 を3つ使って、フロアタムレッグを取り付けています。

楽しい〜楽し過ぎる〜



SD、Cym、HHは後から私が買ったものです。

  • スネア/10インチ GRETSCH

  • シンバル/8インチ スプラッシュ SABIAN、16インチ Zildjian THIN CRASH、18インチ Istanbul agop(メーカーはバラバラだけど全部渋めの音…)

  • ハイハット/12インチ Zildjian SPECIAL RECORDING HI HAT


今日はこのセットで少年のレッスンと、自分の練習をしてきました。




ちなみに…

小口径セットには使っていないけれど、普段使っている14インチスネアはSONOR Delite Series

廃盤になっちゃったんだっけ?!?!

高校生の頃、芸大受験を決めた時に買ったもので今でも大好き。

私の打楽器人生ずっと側で見守ってくれている、明るい素直な子です。。。


楽器もスタンドもメーカーがバラバラ!

多分ドラマーはメーカー揃えるんだろうなぁ。

その時その時で気に入ったものを買うとバラバラになってしまうけど、自分が気にいる音だからセットを組んでもなんとなくまとまりが出る(と思っている)。



なんだかこうやって自分の楽器をまとめてみると、備忘録としても自分自身おもしろかったので

これから少しずつ書いていこうと思います。

0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page